「ひとりぼっち」を手放す

今日も読んでくださってありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

子供の頃、誰かと楽しく遊んでいた思い出。

大人になった今、おひとりさま。
ひとりで暮らして誰にも何も言われない、自分の安全な世界。
ひとりで食事に行くのも全然気にならない。
ひとりで買い物にも行くし、映画にも行く、コンサートにだって行っちゃう。
おひとりさまで何が悪いの?

zoltan-tasi-2by7OlkXF2s-unsplash

そう、おひとりさまでも楽しめる。
それはそれで良いんです、楽しめている時は。

だけど
ふと、ひとりでいる時に、誰かから声をかけられ、思わぬ楽しい時を過ごしたら
昔、子どもの頃、誰かといて楽しかった時のワクワクを心が思い出しちゃったりするんですね。

子供の世界から、大人の世界へ、移り変わる時、自分の世界を自分で作ろうと私たちはします。
それは、自立する1つのステップでもあります。

親に頼ることを止めようと思った時、同時に親の言うことも聞かなくなります。
自分の世界を作るため、自分で生きていけるように自立するため。

子供から大人に移り変わる過程で、自己形成、アイデンティティの形成をしていく際、自分のやり方や自分の考えを確立させるためには、自分の外、親や他人の意見などをシャットアウトすることがあります。

それ自体が悪いことではないのですが、自分からシャットアウトすることにより、心理的には、何が起こるかというと、罪悪感が働くのです。自分がシャットアウトしたから、次は自分が受け入れてもらえないのではないか、という怖れが出てくるのです。

すると、ひとりでいることには慣れるし、ひとりでの楽しみ方もそれなりに把握しているのですが、誰かと共に楽しむ、ということに対しては、自分で自分の心のシャッターをもう一度開けないことには楽しめないのですよね。

でも、罪悪感が働いて、相手に自分が受け入れてもらえなかったらどうしよう、という怖さが出てくるので簡単には自分の心のシャッターを開けられない、という心理状態ができてしまいます。

まずは、自分の心のシャッターが、ある一定距離までは外から入れるようになっているけれど、それ以上は絶対入れない!と決めて閉まったままになっているのではないか?とご自身の心を見てみて欲しいのですね。

そこに自分で気付かない限り、自分でそのシャッターを開けることができませんからね。

それに気づいたら、知っていただきたいことがあります。

あなたと仲良くしたい人がいる
あなたと共に楽しみ喜びたい人がいる
あなたの存在が笑顔の元になる人がいる

ってこと。

誰かと共に生きる。

それは、1人の世界とはまた違った楽しさや喜びがある世界だと私は思っています。

ひとりぼっちを手放す。
勇気がいることかもしれませんが、勇気を出すだけの価値はあると思いますよ。

あなたの幸せを応援しています。

eldar-nazarov-QoBHQuiu9N0-unsplash

こんな記事も書いています

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

5th Week10:0013:0019:00
6/25(火) 
6/26(水)   
6/27(木)
6/28(金)   
6/29(土)  
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

5th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/25(火)
6/26(水)   
6/27(木)
6/28(金)
6/29(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次