寂しさから始まる恋の行方

今日も読んでくださってありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

10月も残り1週間程となってきましたね。
陽が短くなってきたのも感じやすい今日この頃。

冬になると、ひとりは寂しい。
恋人がいるといいな…なんて感じたりはしませんか?

恋愛で心があったかくなるって、素敵なことだと思います。

anthony-tran-vXymirxr5ac-unsplash

ただ、

恋愛で寂しさを紛らわせたい、
私を大好きになって愛してくれる人が欲しい、
彼に幸せにしてもらいたい

これが強すぎてしまうと、
婚活や恋愛が上手くいかなくなってしまう、なんてことが起きてしまいます。

素敵な彼を見つけたとしても、
寂しい心が満たされる期間はそんなに長くないでしょう。

なぜなら、寂しさを満たしてほしい、という状態の恋愛だと

愛されるのは私
愛するのは彼

という役割が固定されてしまいます。

私たち人間は、愛されたい想いをもちろん持っているのですが、
愛したい想いも持っているのです。

一方的に愛される側にいると
おかしなことに私たちは罪悪感を感じてしまうようです。

私は愛することをサボっている

という罪悪感。

そんな想いが自分の中にムクムクと出てくると、
彼のすることなすことが不満に思えてきます。

私を愛してくれていない!

そんな風に見えるかもしれません。
彼を責める気持ちが湧きあがってくるのです。

変ですよね。

私たちが誰かを攻撃する時、その瞬間だけは、自分を攻撃せずに済んでいる時間なのです。
だから誰かを攻撃している時は、自分をそれ以上に攻撃しているということなのです。

愛することをサボっている自分を、自分が攻撃している、ということ。

寂しさは、人と人を繋ぐエッセンスです。
寂しさが無ければ私たちは人と繋がりを持とうとも思わないかもしれませんね。

寂しさが恋愛をするきっかけになることは決して悪いことではありません。

あなたが愛したいと思う相手と出逢えますように。
couple-1838940_640

dennwa-illust3

カウンセリングご予約はこちらで承っております。

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次