怖れと疑いは愛をはねつける

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

旅行に行ってきたとします。

お土産を買ってきました。

「これ、お土産です。」

「ありがとう。」と受け取る人。

「こんなものいりません。」とはねつける人。

gift-box-gc261579a9_640

さすがに、「こんなものいりません。」とストレートにはねつける人は少ないかもしれません。

が、しかし。
「愛を受け取れない」ということは、やってしまうこと、あったりします。

「スゴイですね!」
「素敵ですね!」
「素晴らしいですね!」

そんな誉め言葉に、

「いやいや全然!」

なんて言ってしまうことは無いですか?

できることなら、

「ありがとう」
「おかげさまで」

なんて受け取りたいところですよね。

でも、つい口から出てくる言葉は、「いやいや全然!」。

私自身も他人ごとではありません。
一緒に受け取っていきましょう、
「ありがとう」
「おかげさまで」
と。

多少のことなら受け取る練習、習慣づけで、どんどん自己肯定感って変化していけるのですよね。

問題は、本気で自己肯定感、ぜんぜん上がらない…と思う時。

「スゴイですね!」
と言われれば、全力で「そんなことない!」と必死ですごくない自分をアピールする。

「素敵ですね!」
と言われれば、「あなたこそ素敵じゃない!」と、自分が言われたことに対しては一切触れず、跳ね返す。

「素晴らしいですね!」
と言われれば、逆に何か魂胆でもあるのではないか、私は変なお願い事とかされるのか?それとも、バカにされているのか?

受け取るどころか、全てが否定へと早変わり。
これは全て昔の私がしていたことです。

これほどまでに受け取らない、受け取り拒否をする。
その心は…?

怖いんですね。

自分が良い存在になる、ということが怖い。
自分は悪い存在でいた方が、安全だと感じるのです。

ひどい目に合う、とどこかで思っていると、どうせひどい目に合うなら、ひどい目にあう理由として、自分がひどい存在なら納得がいく。

でも自分が良い存在かもしれない、なんて思った時にひどい目に合うのだとしたら…それこそ生きていけなくなる、という怖ろしさがあるんですね。

これも一つの危機回避能力なのかもしれません。

じゃあもし、ひどい目に合う、という前提、そこがそもそも間違っているのだとしたら?

ひどい目に合う、と思ってしまうには、そこに何らかの原因、傷、痛みがあるはずです。

もし、ひどい目に合う、という前提ではなくなったとしたら、目の前には、可能性という扉が大きく開くのではないでしょうか?

「ありがとう」と笑顔で受け取ることで、喜ぶ人がいる。

素敵なことではありませんか?

pexels-stiven-rivera-13978471

こんな記事も書いています

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/23(日)    
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

4th Week10:0013:0019:00
6/18(火) 
6/19(水)  
6/20(木)  
6/21(金)   
6/22(土) 
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

4th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/18(火)
6/19(水)  
6/20(木)
6/21(金)
6/22(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次