心の扉、閉ざしたままになっていませんか?

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

愛されるポジションから、愛するポジションへ、移動してみると、その恋愛、今より10倍上手くいくかもしれません。

愛されたい
そう思いますよね。
誰だって、思います。

でも、ぜんぜん彼氏もできない。

やっと彼氏ができたかと思ったら、半年後、既婚者だったと判明した。私、浮気相手だったの!?
めちゃくちゃ傷ついた。
引きずったけど、やっと次の人を見つけようと思った。

次の人は、独身で、最初はすごく優しかった。
だけど、だんだん…モラハラになってきた。
毎日毎日私にひどい言葉を浴びせてくる。
私が悪いのかな?私が間違ってるのかな?私がきっとダメなんだ。
彼に怒られないように、彼が気に入るように頑張ったけど、ちょっともうムリみたい。
毎日涙も止まらないし、苦しくてたまらない。

なんでこんなことになっちゃったんだろう。
私、ただ愛されたいだけなのに…。

pexels-philip-justin-mamelic-3162798

ただ愛されたいだけなのに

そう思っている時、無意識の層では

どうせ私なんて愛されるわけない
こんな私を愛してくれる人なんているわけない

そんな想いがあること、多いのです。

もちろん最初はそんなこと、頭では考えていないんです
でもだんだん、そう頭で考えてしまうような現実が目の前にできてきてしまう

全然彼氏ができない

→ほらやっぱり、こんな私好きになる人なんていないじゃない。

既婚者の彼
→ほらやっぱり、こんな私を本気で愛してくれるわけないね。

モラハラの彼

→ほらやっぱり、どうせこんな私なんて愛されるわけないのよ。

本当は、素敵なあなたのはず。
あなたに魅力が無かったら、そもそも彼氏ができるなんてことは無いんです。

どうせ私なんて愛されるわけない

こんな私を愛してくれる人なんているわけない

あなたの無意識は、どうしてそう感じるようになってしまったんでしょう?

もしかしたら、過去、欲しかった愛が充分もらえていない、と感じたことがあったのかもしれません。

特に記憶の中でトラウマ的に残っているわけではないのかもしれない。だけど、我慢していた痛みや悲しみが残っていると、そこに気づかぬ怒りが残っていたりするんですね。

例えばお母さん。
私が小さいころ、お母さんが忙しかったのは知ってる。だから私はお母さんの迷惑にならないように、邪魔しないように、なるべく大人しくしていたんだけど、本当はもっとお母さんに遊んで欲しかった。たくさん話を聞いてほしかった。

ある日、学校から帰ってきたら、お母さんがキッチンにいた。今日図工の時間に作った作品、先生にも褒められたし、とっても素敵なのができたから、お母さんに見せようと思った。

そうしたらお母さん、「今忙しいから、あっち行ってて。またあとでね。」

あぁ、また私お母さんの邪魔しちゃったんだ。ごめんなさい。でもまたあとで、って言ったから、お母さん、終わったら私の作品見てくれるかな?でもその後もお母さんは私の図工の作品のことなんて、話題にも出さなかった。

そんなこと、そういえば昔あったな~。

お母さんが忙しかったのはわかってるけど、今思い出しても切ない。

そんな思い出が、心の中にあることを思い出すと、「お母さんはそういう人なのよ。言っても無駄。私をちゃんと見てなんてくれない。」そんな諦め感が出てきます。

この諦め、実は小さな怒りなんですね。

自分の心では、諦めていた方が、また叶わない期待をして、傷つかなくて済む。
そうすると、自分でお母さんに対する心の扉を閉じてしまう。

ここで一つのパターンができるのです。

大好きだったお母さん、そんなお母さんにすら私が願うだけの愛をもらえなかった。私をちゃんと見てくれていなかった。

そんな私は、大好きな人に愛されるわけはない。

でも、この心の扉、閉めたのは自分なんです。
だから、自分だけが、この扉の開け方を知っているんです。

愛されたい
その想いがある時
まずは、自分でもう一度、扉を開けてみる必要があるんです。

怖いですよね。

また傷ついたら嫌だなって思いますよね。

まだ痛んでいる傷は、癒しましょう。

お母さんとの間でできた傷は、癒しましょう。

そして扉を開ける相手、素敵なパートナー。
その人は、お母さんじゃないですよね。
せっかく見つけた素敵なパートナー

彼が出会いたいのは、
あなたの扉ではなく、
素敵なあなた自身なのです。

あなたが勇気を出して、もう一度扉を開けることが、
彼を愛すること、
そして、
彼にあなたを愛させてあげるチャンスを作る、
ということ。

素敵な恋を応援しています。
pexels-asad-photo-maldives-1024960

dennwa-illust3

カウンセリングご予約はこちらで承っております。

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次