別れを告げる側、別れを告げられる側 -2-

今日もお越しくださりありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

恋愛の終わりがくる時、どちらかが、別れを告げるし、どちらかが別れを告げられる。

今回は、別れを告げられる側の心理を見ていきたいと思います。

目次

別れを告げられる前

大好きな人とお付き合いしている時、幸せな時間を過ごしていますよね。愛されている感覚、たくさん味わえる時ってステキな、夢のような、心に羽が生えたような時を過ごすことができます。

恋愛は、愛し愛される関係です。
愛されるだけ、という、一方的な関係性は、残念ながら長続きしません。相手から注がれる愛が前より減ったかもしれない、と感じた時、当然ながら不安になります。パニックになることもあるかもしれません。しかしそんな時こそ、相手からの愛を待つのではなく、相手を愛する時。

相手から注がれる愛が前より減る時には、相手にもそれなりの理由があります。ある日突然思い立つなんてことはありません。それはもしかしたら、直接の原因があなたではないかもしれません。相手の個人的な事情で、余裕が無くなっているだけなのかもしれません。

だとしたら余計に、不安になったりパニックになったりしたとしても、その想いを相手に解消してもらおうとすると、残念ですが、関係は悪化するでしょう。余裕が無い状態の相手に、”仕事”を増やす状態になってしまうからです。

そしてそれこそが、致命的な別れの理由になりかねません。

別れを告げられる時

別れを告げられて嬉しい、なんてことは、ありませんね。お互いどんよりと重苦しい空気が2人の間に流れる時間です。

別れを告げられる側は、理由を知りたいものです。当然です。理由もなしに別れるなんて、私のことバカにしてるの!?と思う気持ちも出てくるかもしれません。何か気分を害すことがあったなら謝るから。私が変わって関係性が元に戻るなら、変わるから!そんなことを真剣に思ったりもします。

しかし残念ながら、ただ単に気分を害し謝ってほしい問題だったなら、別れを決意する前に伝えているのではないでしょうか。一言で変えられることなら、きっと何度か伝えられていたはずではないでしょうか。

それらが不可能だと相手が感じた時、別れ、という最後の選択肢を持って、あなたの前に表れているのではないでしょうか。

別れを告げられる側は、確実に傷つきます。それをわからず、安易に別れを告げるような相手なら、きっとさっさと別れた方が幸せでしょう。しかしあなたのお相手の方は、あなたが傷つく、あなたを傷つけてしまうのも承知の上で、その覚悟をして、お別れを告げるに至ったのではないでしょうか。

そうだとすれば、あなたに伝えた別れの理由は、もしかするとあなたを傷つけないためにオブラートに包んで伝えられたのかもしれません。ただ、別れを決めた、それだけは真実の想い。

あなたに向けられた、相手からの最後の真っすぐな愛なのでしょう。

別れを告げられた後

相手を好きな気持ちが強ければ強いほど、悲しみも大きいでしょうし、同時に、怒りも大きいかもしれません。怒りは感情の蓋と言われます。怒りは自分の感じたくない感情を隠すために感じている感情なのです。

怒りを使って、大好きだった人を嫌いになる、ということを一生懸命やっているのかもしれませんね。だとしたら、そんなご自身を責め過ぎないでくださいね。怒りの度合いだけ、あなたの心が悲鳴をあげているのと同じこと。

相手に対して怒りが出ている時、実は自分自身に対しても同じくらい攻撃する気持ちを抱えているんです。相手に対して攻撃している時だけは、自分を攻撃せずに済んでいる瞬間とも言えます。

実はそのくらい、あなたは大好きな人との関係性を上手く築けなかった自分自身を攻撃しているのです。

怒りが出てくる、そんなご自身の心を、まずはケアしてあげることを一番に考えて、お友達でもカウンセラーでも、お話しをしてみてください。お別れを告げてきた相手に感情をぶつけても、お互いが苦しむだけですが、あなたが独りで怒りを抱えるのも苦しいです。話すことによって、少しずつ感情が昇華されますよ。

別れを告げる側は、加害者意識を抱えます。
別れを告げられる側は、被害者意識を感じます。

しかし、この被害者意識、加害者がいるから被害者が出来上がる、と感じがちですが、実は被害者が被害者をやめない限り、加害者は加害者をやめられないのです。

どういうことかというと、「私は傷ついている!」と被害者意識を抱え続けることにより、相手をずっと加害者にしてしまうのです。

相手を加害者にしてしまう、ということは、あなたの心の中で、もちろん無意識の感情ですよ、自分では気付かない感覚で、自分が相手を悪者にした、自分が相手に罪を犯させた、という、被害者なのに、まるで自分が罪人のような扱いを心がしてしまうのです。

これを手放すには、この別れで傷ついた心をまずは癒してあげる、怒りや悲しみ、フラれた、という被害者意識があるその下の、本当はどうしたかったのか、相手に対するあなたの愛をもう一度取り戻す必要があるんです。

あなたが愛していた想いを取り戻した時、あなたがどれほど愛されていたか、あなたがまだ受け取っていなかった愛を、もう一度しっかり受け取り直すことができるのです。

それができると、あなたはまた美しい輝きを何割も増して放つでしょう。
そんなあなた大切にしたいと立候補する王子様が、また現れますよ。

大丈夫、あなたはちゃんと愛されていたんです。
あなたが愛される存在だってこと、もう一度、見つけ直してみませんか。

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

5th Week10:0013:0019:00
6/25(火) 
6/26(水)   
6/27(木)
6/28(金)   
6/29(土)  
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

5th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/25(火)
6/26(水)   
6/27(木)
6/28(金)
6/29(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次