「敵」と仲良くすることは難しい

今日も読んでくださってありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

相手が「敵」になっている時、仲良くすることは難しいです。

dawn-kim-EEwbGZmoo60-unsplash

例えば、お金。

心理学の世界や、スピリチュアルの世界などで、お金が欲しければお金と仲良くしましょう、なんてことをよく耳にします。

自分ではお金が好きなつもりで、お金が欲しい、と頭では思っていても、
宝くじで億単位のお金が当たったとしたら
不幸になる
誰かに狙われる
ダメな人間になる
お金は人を不幸にする

そんな考えばかりが浮かんでくるようであれば、それはお金が自分を不幸にする、自分の「敵」と自分でみなしている状態。

なんてことを言ったりします。

お金、という例はとても分かりやすいですが、これが人相手でも当然のことならが同じように働くんですね。

toy-1551383_640

例えばパートナー。
パートナーは本来一緒にいて幸せな存在のはず。
にもかかわらず、あの人がわかってくれない、あの人が私を傷つける、あの人が私を愛してくれない…などと思っている時、パートナーという存在は、自分の「敵」になっています。

となると、セックスレスが起きても何の不思議もないですし
パートナーが浮気したって心理的には不思議でも何でもないんです。

相手との関係性を改善するためには、相手を「敵」ではなく、自分の味方ととらえる必要があるんですね。

相手を自分の「敵」ではなく、自分の味方、幸せに繋げてくれる人、幸せを運んできてくれる人、愛する人、にしておくためには、相手の不愉快な部分ではなく、相手の良い部分に目を向けてみると受け入れやすくなります。

man-963182_640

それが簡単にできれば、そもそも相手が「敵」という認識にはなっていないのかもしれません。

なかなか簡単に相手の良い部分い目を向けられない時って、ありますよね。
頭ではわかっていても、どうも自分の気持ちが付いていかない、何か自分の心が拒否している、そんな時ってあるんだと思います。

まずは、そんな自分を、責めないところから始めてみませんか。

頭ではわかっていても、心が拒否している、やりたくないって言っている自分の中の自分。
その存在に気付いたら、こう思って見てください。

「あ~、私、嫌がってるわ。」

まずはそんな自分を認識すること。良いとか悪いとかのジャッジじゃなく、ただただそんな駄々こねている自分、嫌がっている自分を認めてあげるんです。

するとね、自分がどうしてそんなに嫌がっているのか、理由が見えてきたりします。

ただただ自分の心に今余裕がない、とか。
どうせこんな私、ダメなやつって思われるんだ、とか。
散々喧嘩してきた相手の良いところを素直に見つけるだなんて、今更恥ずかしい、だとか。

どんな想いがあなたの中にあるのか、まずは自分が自分を受け入れることで、自分の味方になってあげましょう。

まずは自分が自分の味方になってあげないことには、自分が自分の「敵」になってしまいます。

自分の心と繋がった時、本当にあなたの望むこと、あなたの中心にある愛に、あなた自身が繋がれます。

あなたの中心にある、あなたの愛に、あなた自身がちゃんと繋がれた時
あなたの願いは叶うでしょう。

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/23(日)    
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

4th Week10:0013:0019:00
6/18(火) 
6/19(水)  
6/20(木)  
6/21(金)   
6/22(土) 
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

4th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/18(火)
6/19(水)  
6/20(木)
6/21(金)
6/22(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次