反応することで起こる反応

今日もお越しくださりありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

先日、アメリカ人の友人と話していた時に、彼女がこんなことを言っていました。

彼女は、私とほぼ同じくらいの年齢で、子育てもしながら、大学院に入って生物学の修士号を取るために勉強しています。ある学校に生物の専門家として生徒たちに話をしてほしい、と呼ばれたそうです。

日本の学校でいう、体育館のような広い場所で、たくさんの生徒の前で話をしたそうです。

生徒たちは高校生。彼女の話の間、彼女曰く、とても反応が薄かったのだそうです。だから彼女としては、話がつまらなかったのか、とてもガッカリして落ち込んだ、というのです。

でも、その場には、彼女と親しい人もいたようで、その人はとても彼女の話が面白かった、素晴らしかった!と言ってくれたのだそうです。

ふつうこんな時、思いますよね。友達だから、お世辞を言ってくれたのよね、って。

でもその友達はこんなことも言っていたそうなのです。
今の子たちは、昔とは違う。反応が自分たちが子どもだった頃と違うのよ。
でも、聞いていた子の誰も寝ていなかったわ。誰もスマホをいじっている子もいなかったわ。これって素晴らしいことよ!最後にはみんな盛大な拍手をしていたじゃない!

そう言われて、彼女は記憶を回想してみたそうです。
言われてみれば、確かに寝ているような子はいなかった。スマホをいじっている子もいなかった。最後は思いのほか盛大な拍手をしてくれた。そう言われてみれば、そうね!

昔は自分より年配の人に、あなたはまだ若いから、なんて色眼鏡で見られることにウンザリしていたけれど、もしかすると私も今の若い子たちにそんな色眼鏡を使ってしまっていたのかもしれないわ。あの子たちはあの子たちなりに、耳を傾けてくれていたのね!

そんな話をしてくれたのです。

相手の話に耳を傾け、相手の想いを汲み取り、反応する。
それは、相手にも伝わりますが、実は自分自身が一番感じることだったりします。
自分が反応している時には、自分の心も動くのです。逆に自分が反応していない時には、自分の心が動かない、という現象が起こったりします。

反応するって、相手を尊重する想い、相手を敬う想い、がでるのですね。相手に反応することにより、相手を敬う。だからこそ、自分自身をも尊重することにもなる。

そう思うと、社会的な距離の中でももちろんのことですが、近い距離ならなおさらですね。

お友達関係や、パートナーシップ。
大切な人との関係性の中で、自分の気分を大切にするというのももちろん大切なのですが、あえて反応してみる、ということをした時に、自分の想像をはるかに超えて心が動く、良い感情になれる、ということ、意外と少なくないのです。

私も自分事として、自分の反応にちょっと意識を向けてみようと思います。
良かったら、皆さんも是非、試してみてください。
何か違いを感じられたら、教えてくださいね!

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/23(日)    
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

4th Week10:0013:0019:00
6/18(火) 
6/19(水)  
6/20(木)  
6/21(金)   
6/22(土) 
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

4th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/18(火)
6/19(水)  
6/20(木)
6/21(金)
6/22(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次