コンプレックス、変換すると○○になる!

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

リナの軌跡

と題して、青山リナという人物がどんな人なのか、知っていただくシリーズを作ってみようと考えました。
過去の失態や、恥ずかしい話、この人大丈夫?なんて思われそうな内容もあるかもしれませんが、何か読んでいただいている方のヒントや笑顔、元気や安心感などに繋がればいいかな、と思い、綴ってみます。
あたたかい気持ちで読んでいただけると嬉しいです。

よろしければ、お付き合いくださいませ。

pexels-elina-sazonova-2705635
私は自分の嫌いなところが小さいころから山のようにありました。

以前も書いたことのある、両親が離婚していて父が家にいなかった、ということ。
それが理由で母が昼間は仕事をしているので小学生時代は自分の家ではなく、祖父母の家に帰っていたこと。
自分の名前まで嫌っていた時期がありました。

そして、最大に私が私を嫌っていた理由は、身長。

私は子供のころから背が高く、背の順で並ぶといつも一番後ろでした。
今は身長180㎝あります。
昔から、いつも背が高いね、と言われていました。
小学生の6年生頃には既に170cm近く身長があったので、ランドセルを背負ってもかわいさなどは全くありません。
男の子もまだまだそんなに身長が伸びていない時なので、すでに結構な身長差が出て目立っていました。

そんな私は、自分が大嫌いでした。

全然かわいくないし、
女の子らしくないし、
子供らしくないし、
周りの人はジロジロ見てくるし、
いつも身長を聞かれるし…
何にも良いことない!
ずっとずっとそう思っていました。

大人になってもその思いはあまり変わらず、やはり背が高いことにより、
全然かわいくないし、
女の子らしくないし、
周りの多くの男性より背が高いから恋愛なんてありえないし、
ヒールの靴なんて履いたら絶対またデカイとか言われるし、
周りの人はいつまで経ってもジロジロ見てくるし、
いつまで経っても身長を聞かれるし…
ホント何も良いことない!

その思いは、長年ずっとずっと変わりませんでした。

人は勝手なことを言いました、背が高いとモデルさんみたいだね!背が高いとどんな服でも似合うね!背が高いと高いところ何でも届いて困らないね!そんなこと全て、私にとっては良いことでも何でもない、かなりどうでもいいことでしかありませんでした。

どんなに周りの人が私を肯定的に見てくれて、それを伝えてくれても、私が自分を否定しているので、自分を否定する思いは消えてなくなりはしませんでした。

少しでも身長を低く見せようと、猫背になったり、ペタンコの靴を履いたり…いろいろ頑張りました。
整形手術ならぬ、身長を低くする手術とか無いのだろうか?と調べたこともありました。
頭の中で、背骨(頸骨?)の1つか2つ無くなれば10cmくらい小さくなるんじゃない?なんて無謀なことを考えてみたりしたこともありました。
これらの頑張りも、決して自分を肯定するものではありません。自分をどう上手く隠すことができるか、というところに焦点がいっているので、どれだけ頑張っても、自分を肯定することはできません。どんどん自分を嫌いになっていきます。

そして、自分を否定し、自分を好きになれないと、生きていることが苦痛でしかない、と思うものです。

こんな風に自分を嫌って否定していた私は、周りの人も私のことがあまり好きじゃないだろうな、好きじゃないに決まってる!と思っていました。
自分が自分で自分を否定するので、周りも当然ながら自分を否定している、と思い込むのです。

投影の法則ですね。
(投影とは、例えば同じ夕日を見ても、ハッピーな気持ちで見る夕日は美しい夕日に感じるし、悲しい気持ちで見る夕日は、「夕日のバカやろー!」に感じる、というように、自分の心の状態ひとつで同じものを見ても違う感情を抱く、というものです。)
自分が見ているそのままの状態が周りの人にも同じように見えている、と私たちは思います。

そして、自分が自分を嫌うのと同じように、周りの人も私を嫌っているとすると、周りの人たちは私にとっては敵になり、私を攻撃してくる人、私を傷つける人、という位置づけになります。

だから周りの人が怖くなります。もっと言えば、人が怖くなります。

自分を嫌えば嫌うほど、人が怖くなり、人と関わることが億劫になってくるのです。

身長を理由に自分を嫌っていた私は、逆に、背の低い人を羨ましく、疎ましいと感じていました。
小さくて、かわいらしくて、どんなお洋服も好きに選べて、どんな格好も似合って、絶対幸せに決まってる!と、心の底から思っていました。

でも、実際背の低い人に本音を聞いてみると、背が低くてすごい幸せ~♡という人と、背が低いのがコンプレックスなんです、という人と、いろいろいます。

不思議なものですよね。
自分にあるものを嫌い、自分にないものを羨む。

私たちは、自分で持っていないものに魅力を感じるので、背の高い人から見ると、背の低い人に魅力を感じ、背の低い人から見ると、背の高い人に魅力を感じることが多いようです。

私たちの魅力は自分ではわからないかもしれないけれど、自分と真逆タイプの人から見れば、どうやら私たちはとても魅力あふれる人に見えている、ということなのです。

けれども、その真逆タイプの人の価値観や考え方を、私たち自身は持っていない、だから、私たち自身は自分が好きになれないでいる。そして「こんな私のどこがいいの?こんなダメな私は嫌われて当然、嫌われるに決まってる!」という発想が出来上がってしまうのですね。

pexels-koolshooters-8513090

私は10代の頃、恋愛なんてできないって思っていました。
こんなに背の高い私を好きになってくれる人なんていないでしょ、と。
実際、高校生くらいまでは、周りに私より背の高い男子は1人か2人か…というくらい少なかったです。

でも、今、自分の過去を振り返って見ると、私が恋愛した人は皆、私の身長を嫌うどころか、そこがステキだと言ってくれた人ばかりです。美しいハイヒールをプレゼントしてくれた人もいました。

私が自分で愛せなかった私の背の高さは、結局、私以外の人によって愛されたのです。
コンプレックスは、変換すると。。。

「魅力」
「愛されポイント」
「素敵さ」
「美しさ」
「財産」
「憧れ」

あなたは、ご自身を好きでいられていますか?
もしあなたが、自分のことをなかなか好きになれないのだとしたら、あなたの評価は、あなたの周りの人たちがしてくれます。
あなた自身でご自身を判断しなくてもいいのです。
ご自身の中で、どんなに自分を否定する声が聞こえたとしても、あなたの周りの人たちがするあなたの評価は、多くの場合、不思議とあなたが想像する以上に良い評価です。

あなた自身が自分のことを嫌って、否定していると、「みんなもきっと私のことが嫌いだよね…」と決めつけてしまいがちです。
勝手に自分で決めつけることを、やめてみませんか。

あなたが自分で、「こんな私はダメ…」と感じている「ダメ」なところは、意外にも、あなたの周りの人から見ると「カワイイ♪」「ステキ」と思われているところなのかもしれませんよ。

ご自身に対するネガティブな判断をやめたとき、苦痛でしかなかった世界が、キラキラ輝き始める時なのかもしれません。

私は現在、もちろん身長は変わらず、しかし、ヒールも普通に履いています。外を歩けば人に見られもしますし、いまだに身長を聞かれることも変わりはしませんが、それ自体、嫌だと思う気持ちが不思議と無くなりました。それどころか、どうせ目立つなら、無駄に隠れることをせず、ちゃんと目立っていた方が美しいかな、とさえ思っています。
そしてそんな自分をどう表現しようかと考えることが楽しくもあります。

もしあなたが、それでも自分を肯定できない、「私なんて…」とおもう気持ちが無くならないのであれば、私に教えてください。私に、あなたの可愛さ、素敵さ、美しさ、素晴らしさを、見つけさせてくださいね。
pexels-matthias-cooper-756753

カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次