不妊治療という経験を通して得たギフト-4-

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

リナの軌跡

と題して、青山リナという人物がどんな人なのか、知っていただくシリーズを作ってみようと考えました。
過去の失態や、恥ずかしい話、この人大丈夫?なんて思われそうな内容もあるかもしれませんが、何か読んでいただいている方のヒントや笑顔、元気や安心感などに繋がればいいかな、と思い、綴ってみます。
あたたかい気持ちで読んでいただけると嬉しいです。

よろしければ、お付き合いくださいませ。

pexels-elina-sazonova-2705635

4回シリーズでお届けしています。
まだの方、まずはこちらをどうぞ。
>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-1-<<<
>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-2-<<<
>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-3-<<<

スイートピー

今現在、私には子供がいません。
夫とは離婚しました。

不妊治療の経過を経て、当時私が欲しかったものは何も手に入らなかった、どころか、失ったものの方が多いのです、物理的には。

お金も消えた
夫とも離婚した
望んだ子供は授からなかった

でも、この不妊治療を通して、
私は2つ、
カタチは無いけれど、

とても大きなギフトを得ました。

1つは、当時の夫が、どれほど私を大切に思ってくれていたか、という夫の愛。

スイートピー

そしてもう1つは、私たちは1人ひとりが喜びの存在であるということ。

カウンセリングや、ここカウンセリングサービスの母体となっている神戸メンタルサービスが開催しているワークショップ、それに今やYou Tube動画でも、「私たちは喜びの存在なのです」なんてことをよく言われています。

言葉だけ聞くと、非常に怪しい!
そうは思いませんか?

そして、そんなことを言われても、どこかで

「そりゃそうだろう」

と思う自分と、

「いやいや、私なんて…」

と思う自分といたりしませんか?

私はどちらも思っていました。

理屈では「そりゃそうだろう」と、だけど

私が!?と思うと、「いやいや、私なんて…」と。

スイートピー
 
そんな私が不妊治療を通して感じたことは、

「私たちはやっぱり喜びの存在なのだ」

ということでした。

自然妊娠するパーセンテージ(1周期あたり)は、20~30代前半で25~30%、30代後半で18%、40代前半で5%ほどだと言われています。

精子と卵子の数で言えば、約1億分の1。

知識としては、このような数字をあちらこちらで見たことがありますが、実際に不妊治療をするまで、正直なところ、女性の私ですら、妊娠する過程、というのをそこまで詳しくは知りませんでしたし、実感がありませんでした。

卵子がどのような状況下で育ちやすくなり、
うまく排卵されて卵管に入り、
精子と出逢い受精し、
受精卵が胚になり着床する…

この過程ひとつひとつが、
幸か不幸か、
不妊治療では一段階ずつ目に見える(実際には医師や培養士が見ていることを伝えられる)のです。

自然に妊娠している状態では、「あら、いつの間にか妊娠していたわ!」ということが、不妊治療の場合では、ひとつひとつの行程が上手くいったのか、行かなかったのか、全て階段を上るようにわかるのです。

そのたびに、「上手くいきますように!」と祈り願い、
ひとつのステップを進むごとに「やったー!成功した!」と喜び、
また次のステップで「どうか上手くいきますように!」と祈り願い、
また「やったー!ここまで来た!」と喜ぶのです。

自分がこのようにひとつひとつのステップに一喜一憂している時、
赤ちゃんができる、ひとつの生命が誕生するのには、
本当に奇跡のような確立を超えて、

どうか無事に、
どうか安全に…と
祈られ願われ、守られてこの世界にやってくるのだと、
初めて実感しました。

それは、自分自身がどれほどまでに同じように祈られ願われ守られてこの世界に生まれて来たのか。

そんな私を、私自身が「ダメな私」と否定しているだなんて。

私自身が自分を痛めつけたり不幸にしたりすることをしているのだとしたら…

私の赤ちゃんを授かる願いと、
私自身に対する今までの扱いが、
正反対であるということに気づかされました。

きっと私の母も、私を妊娠してから産むまで、どれほどお腹にいる私を守るために、自分自身の体調を気遣ったり、食べ物を気にしたり、祈ったり願ったり、ありとあらゆることをしたのだと思います。

大切に大切に、お腹の中で成長するのを助け、守り、存分に愛してくれていたのだと思うのです。

スイートピー

最終的に、私は、赤ちゃんを授かるところまではいかなかったけれど、私にとってこの不妊治療の結果は、本当にかけがえのない、愛を知る経験でした。

そして、不妊治療という行程を一緒に歩んでくれた元夫には、感謝しきれないほどの想いを持っています。

もしこれを読んでくださっているあなたが、
「わたしなんて…」と思っているなら、
私にあなたの幸せを願わせてください。

あなたは必ず
愛し愛され、
幸せになる価値のある存在です。
奇跡の存在なのです。

あなたが今ここに存在していること自体が、
あなたの起こした奇跡であり、
あなた自身のプライスレスな価値なのです。

あなたの幸せに満ちた毎日を、心から祈っています。

The END.

pexels-gustavo-fring-4975487

–シリーズ–

>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-1-<<<
>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-2-<<<
>>>不妊治療という経験を通して得たギフト-3-<<<

スイートピー

dennwa-illust3

カウンセリングご予約はこちらで承っております。

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次