見ないふりをして封じ込めてきたワタシの気持ち -2-

今日も読んでくださってありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

今日の記事は一昨日の続きです。
まだの方はこちらからどうぞ。

さて、彼の寂しさや苦しさが理解できるあなたは、いつ、その寂しさや苦しさをあなた自身が知ったのでしょうか。

それはきっと、あなたの幼少期、既にそのパターンが出来上がっていることがとても多いのです。人間の感情は3歳~5歳ごろまでには出来上がっていると言われています。そしてそれまでの身の回りの環境というのは、多くの場合が両親との関係性が一番近く親密に関わっているので、両親との関係性のお話をお伺いすることが多々あります。

そうすると、今の恋愛パターン、人間関係のパターンの原点が見えてくるので、そのパターンと、またそのパターンを作る原因となった心の痛みや傷を昇華させていく、ということを行ったりします。

寂しさや辛さを封じ込めるほどに抱えている、ということは、寂しい、なんて言える環境じゃなかった、という状況が幼少期にあったことが見えてきます。
それは、決して、当の本人にとって不幸な現状ではなかったとしても、です。

私も両親が離婚していて、父の顔すら知らずに育ちました。とはいっても、近所に祖父母がいましたし、叔父叔母夫婦もいとこたちも、私に対して仲良く親切に接してくれていました。叔母などは全く血の繋がりなんて無くても、とても可愛がってくれました。
だから現実だけを見ると、別に不幸でも何でもない、という認識なのですよね。

でも心は違います。
私のように両親が離婚した環境で育っていたり、兄弟姉妹がいたり、特に長女は知らず知らずのうちにとても我慢をしていて、寂しいなんて言えない環境になっていたりすることが多々あります。

この環境で我慢している状態って、実はただ偏に、愛、なのですよね。ワタシが寂しいって言って、お母さんを困らせないようにしよう、っていう当時の小さかったワタシなりにできる唯一のお母さんを助ける方法。

そこに、封じ込めてしまった寂しさがあるのだけれど、その理由が、元々は小さな大きい愛なんですよね。

pexels-polesie-toys-4484804

でも、いくら愛が原点でも、ムリがたたると調子が悪くなるのです。
重すぎる荷物を持ち続けていられないように、自分が我慢して相手を愛する、という犠牲的な状態だと、いつかはもうムリができなくなってしまうんですよね。

そうすると、そこは怒りに変わってしまうんですね。
怒りにはいろいろな形があります。
1、誰が見てもわかりやすく怒鳴り散らすような外に放出する怒り。
2、静かだけれど口をきかなくなるような内にこもる怒り。
3、直接的には怒りを表現しないけれど相手を困らせるような形で行動したり反応したりする怒り。

この3番目の怒りに関しては、本人も潜在的怒りを表面には出さないので、自分で気づいていないことも実はあったりするんですね。
そしてその怒りに気づかなければ、本来その奥にある寂しさや悲しさといった感情には到達しなかったりします。

例えばこのようなブログを読んでいただいて、頭で理解していただくことって、とても役に立つと思うんですね。私自身も、自分が悩みの渦中にいた時は、あちこちのカウンセラーや心理学的なブログや本などを読み漁りました。
心や考え方の仕組みを理解したり、パターンとしてこうなるらしい、ということは何となくわかりました。

そして、次に必要なのが、心に落とし込む、というところです。
結局、頭で理解しても、現実って変化しなかったりします。
お箸の持ち方や握り方を知っていて、右手でできたとしても、左手では全然上手に使えなかったりする、というような感じです。

本来、それほどまでに寂しさや辛さの感情に蓋をして頑張ってきた人って、実のところ、とても優しくて、感情豊かな方だったりするのですよね。

優しさって、強さが同じだけ無いと、成り立たないと私は思っています。だから優しい人って、実はとても強い人なんですね。それって素晴らしいことだと思うんです。

でも、そんな強くて優しい人の中にも、本来、とても繊細で柔らかなものがあるんですよね。

人が見ると、それは弱さに見える部分なのかもしれない。
でもその弱さがあるからこそ、私たちは独りじゃなく、誰かと繋がりたい、と思うんですよね。
そして、自分ではほぼ気づかないのですが、そんな弱さこそが、誰かがあなたを守りたい、大切にしたい、と心から思う要素であり、相手を強くする要素なのですよ。

その強さは、あなたを守るための、強さです。

愛することはとても素敵なことですが、同時に、愛されることもあなたの毎日にプラスされると、今よりもっと、豊かで喜びに満ちた毎日になると思いませんか?

pexels-jonathan-borba-2950331
カウンセリングのご予約はこちら

カウンセリングご予約は下記の番号で承っております。

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

直近のカウンセリングスケジュール

名古屋面面談ウンセリング

date10:0013:0016:0019:00
6/23(日)    
6/30(日)    
名古屋面談カウンセリング

ZOOM面談カウンセリング

4th Week10:0013:0019:00
6/18(火) 
6/19(水)  
6/20(木)  
6/21(金)   
6/22(土) 
ZOOM面談カウンセリング

電話カウンセリング

4th Week10:0011:0013:0014:0016:0019:0020:0021:0022:00
6/18(火)
6/19(水)  
6/20(木)
6/21(金)
6/22(土)
電話カウンセリング

最新の空き状況に関しては、予約センター06-6190-5131にお問合せ下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次