文句や不平不満の底には、本当の自分の望みが隠されている。

今日も読んでくださってありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

恋愛や人づきあいにおいて、時折不平不満が出てくることは自然なことだと私は思います。

しかし、その不平不満を溜めこむと、文句となって自分自身を苦しめるか、相手に文句をぶつけて関係性が悪くなるか。いづれにしても、不平不満をそのままにしたところで、吐き出したところで、なかなかスッキリするものでもありませんよね。

不平不満、その裏に隠れた本音こそが、本来自分が相手にわかって欲しい、受け止めて欲しい、と感じている想いなのではないでしょうか。

今回は、そんな文句や不平不満から自分の心を救い出してあげる、という視点で書いてみましたので、読んでいただけると嬉しいです。

at-a-loss-2773594_640

目次

1. 自分の感情に向き合ってみる勇気

怒りの感情は、本来感じたくない感情を蓋する役割をしている、と心理学では言います。

本来感じたくない感情、というのはどんな感情なのかというと、

愛して欲しい
わかって欲しい
助けて欲しい

という想い。

逆に言えば、文句や不平不満を感じている時は、

愛してもらえていない
わかってもらえていない
助けてもらえていない

と感じる気持ちが自分の中で大きくなっている状態だったりするんですね。

不平不満がある時には、必ず自分のニーズがその文句の下に隠れています。どんなニーズが自分の中にあるのか、そこを知ることって、実はとっても大切なステップなんですよね。

でも昔から我慢癖が強くある頑張り屋さんにとって、自分のニーズを知るって、結構勇気が要ることだったりするんですよね。だって今まで我慢して泣き言言わず頑張ってきた自負がありますからね。そうなると、自分の感情を、どこか自分の弱さだと感じてしまったりするんですね。

自分の感情に正直であることは、大切な人との関係をより良くする第一歩です。自分の気持ちに素直に向き合い、本来の望みや、自分の弱さに感じてしまう部分をも相手にさらけ出すことで、相手もあなたをより一層、愛する気持ちが湧いてきます。

2. 理解の重要性

自分が抱える不平不満の下にある自分の本来の想い、そこに気づくことで見えてくるものがあります。それは、相手の抱える不平不満です。

自分の感情に向き合うって、本当に勇気のいることだと思うのですよね。

自分の弱さを発見する瞬間もあるでしょうし、自分で自分を嫌っていたり攻撃していたりすることを知ってしまう瞬間もあります。

でも実はそれらって、全部真実なわけではないのですよ。

短所は長所、なんて言葉があるように、
弱さだと思っていたことって、実は強さだったりします。
自分を嫌って攻撃していたことって、実は優しさだったりします。

そんな自分を自分で少しずつ理解できるようになっていくと、何が起こると思いますか?

相手を理解できるようになっていくのです。

理解は共感を生む源です。

3. 愛を育む

私たちの心って不思議ですね。心が愛でいっぱいになっている時は、とてもいい気分を感じます。心がとても豊かになっていることに気づきます。

逆に、あの人が悪い、この人が悪い、心の中が文句と不平不満で埋め尽くされている時、とても嫌な気分を感じます。心がとても荒んでいるように感じますよね。相手が悪いって口では言っていても、そんな文句ばかり言っている自分が大嫌いになってしまったりします。

子供の頃、理不尽に怒られたこと、ありませんか?

自分にだって言い分はある、だけどそんな言い分にすら耳を傾けてくれず、一方的に怒られた!
悔しいですよね。悲しいですよね。本当に理不尽だと思いますよね。

そんな時、
どうして欲しかったでしょう?
どうされたら嬉しかったでしょう?

ちゃんと自分の言い分にも耳を傾けて欲しかった、って思いませんか?

子供の頃は、そんな理不尽さも飲み込んで、必死で耐えたかもしれませんね。

でも今は、もうあの頃とは違います。自分の世界を自分で作ることができるのです。

まずは、自分自身を嫌な気分から救い出してあげること。
抱えている文句や不満に対して、

私は何を望んでいるのだろう。
どうされたら嬉しいんだろう。
私が自分でないがしろにしてしまっている自分の想いは何だろう。

そんなことを問いかけてみてください。

そしてもう一つ。

どうしてあの人はあんなことしたんだろう?

ポイントは、相手の愛を見つけてみようと思って想像してみることです。相手を理解してみよう、と思う気持ちを持ってみることです。

その視点を持って見てみることこそが、あなたの心を愛の世界へ導いてくれます。結果的に、あなたの心を豊かさといい気分で満たしてくれることになります。

愛は日々の積み重ねから生まれます。小さな優しさや理解が、大きな愛に繋がります。大切な人との関係はより深まり、豊かなものとなるでしょう。

こんな場合はどんな愛があるっていうの?という個別案件は、一度ご連絡くださいね。一緒に探してみましょう。

あなたとあなたの大切な人との関係が、より幸福でありますように。

love-1536226_640

dennwa-illust3

カウンセリングご予約はこちらで承っております。

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次