母子家庭とこじれた恋愛 -あなたが悪いわけじゃない-

いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの青山リナです。

私の恋愛が上手くいかないのは、母子家庭で育ったからじゃないの?

最近は恋愛系の情報が巷にはたくさん出回っています。

私自身、「母子家庭で育つと、男性に夢も希望も抱かず、恋愛が上手くいかない」なんてことを耳にしたこともあります。
実際、私自身がしてきた恋愛も、「シンドイ」「苦しい」「辛い」と感じる恋愛が多かった気がします。

そうは言っても、私は恋愛がしたかったし、彼氏がいるとどこか安心する気持ちもありました。今振り返ると、恋愛依存だったと思います。

駆け引きがしたいわけじゃないけれど、恋愛が駆け引きのようなゲームになってしまっていたり、誰とも付き合っていない期間は自分が何のために存在しているのか…自殺する勇気もないけれど、今すぐこの世界から消えてもいいかな、なんて感じていたり、寂しくて寂しくてどうしようもないけれど、誰かに寂しいとも言えず、強がってバカみたいに騒ぎまわるか、もしくは死んだように引きこもるか…
そんな時代がありました。

なんでこんなことになっちゃうんだろう。
私、何してるんだろう。
こんなのダメだし、こういうことがしたいわけじゃないけど…もうどうしていいんだかわからない、もう頑張れないよ…もうムリだよ…未来に希望なんて描けないもん。だったらもう、消してくれたらいいのに…

そんなループにハマっては抜け、またハマっては抜け…
何年繰り返したでしょう。
pexels-rosie-ann-427547

目次

◆感情の層

感情には、いくつか層があります。

良い子の層

私はいい子、いい人、正しい人、という表面的に対人関係で最初に出てくる感情の層ですね。

人に気を使う感情です。気を使っているので、気が抜けない、リラックスできない、自分の仮面になっていることもあります。

悪い子の層

良い子の層(私は良い子)という裏側には、悪い子の層(私は悪い子、弱い子)という層があります。

こちらも実は、人に気を使う感情です。良い人をやり続けると、疲れちゃって、もう良い人じゃないのよ、私。もうみんなできることも、私は弱いからできないのよ。なんていう感情を感じたりします。気を使っている時は、人から距離を取りますよね。近づきすぎると疲れちゃうので。悪い子の層も、やり方は違いますが、私は悪い子だから近づかない方がいいわよ、という距離を取ることをします。

怒りの層

文字通り、怒りを感じます。
私は悪くない!私は間違ってない!いい加減にしてよ!私の邪魔ばかりしないでよ!
そして、私は悪くない!と感じているので、自分に怒る嫌なことは、全部周りの誰かや何かが悪い!間違っている!という感情が出てきます。周りと衝突する感情です。

痛みの層

心の痛み、悲しみ、苦しみ、辛さ…寂しさ
これらがこの層にある感情です。

逆に言えば、この層があり、この痛みを感じたくないがために、その上にある怒りの層があるようなもの。

愛の層

痛みの層に隠れているのが、愛の層。

ただただ愛なんです。
なんの怖れも、なんの不安も、なんの憎しみも、なんの競争もない、ただただ愛を感じられる感情の層。

◆あなたは何も悪くない

どうしてあんなにも、さびしさを抱えていたのでしょう。
どうして恋愛依存になるほどに、さびしさを抱えていたのでしょう。

幼少期を振り返って見てください。

お母さんが忙しそうにしていた姿、浮かびませんか?

お母さんが疲れていた姿、浮かびませんか?

お母さんがイライラしていた姿、厳しい顔をしていた姿、悲しそうにしていた姿…

お母さんがそんな姿だった時、あなたは何を感じていましたか?

あなたの心もきっと悲しくて、寂しくて、安心したくて甘えたかったけれど、お母さんをこれ以上困らせないようにって、必死で我慢して、独りで頑張っていませんでしたか?

小さかったあなたが、一生懸命頑張って、一生懸命我慢して、寂しい、なんて言わず、一生懸命独りでやろうとして、あなたはそうやって大好きなお母さんを助けたかったんですよね。

小さかったあなたの、大きな大きな愛の力。

でもさすがに、その我慢もそろそろ限界、独りで頑張るのも、そろそろ限界、寂しさをほったらかしにするのも、もうムリっぽい。

心にぽっかり穴が空いてしまったような、心が寂しくて、寒くて。

大好きな彼でも見つけて、一緒にいたら、寂しくなくなるかな。

そんな風に思って彼を見つけても、癖付いている我慢は知らず知らずのうちにしてしまう。
そうすると、私がこんなに我慢してるのに、何であなたは我慢できないの?なんであなたはもっと私に優しくしてくれないの?なんであなたまで私に寂しい思いをさせるの?ねぇ、何で!?と怒りが爆発してしまう。

こんなはずじゃなかったのに。
こんなことが言いたいわけじゃないのに。
私はただ、幸せになりたいだけなのに!

◆幸せになるために

怒りを感じている時、イライラしちゃうとき、
あなたと一緒にいる人はきっとシンドイでしょう。

だけど、それ以上にシンドイ人がいるんですよ。

そう、あなた自身。

だって怒りたいわけじゃない、イライラしたいわけじゃない。

ただもっと仲良くなりたいだけなのに。

もっと近づきたいだけなのに。
もっと愛し合いたいだけなのに。

子供の頃についた我慢癖

子供の頃に空いたままの寂しさという心の空洞

これらを放置すればするほど、苦しさは消えません。

それどころか、何で私ばかりこんなに不幸?なんて思うような事態ばかり身の回りに起こってしまったり。

でもね、決してあなたが悪いんじゃないんです。

思い出してください、あなたは小さいころ、お母さんを助けたかった、そんな優しい愛の溢れた子だったってことを。

そんな優しく愛に溢れているあなたは、まだあなたの中にちゃんといるんです。

その子は今もあなたの中で健気に頑張っています。

次は、あなた自身を助けようと。

私にその子のお手伝いをさせてください。

あなたのお話、聞かせてください。

お待ちしています。
pexels-tara-winstead-7666518

dennwa-illust3

カウンセリングご予約はこちらで承っております。

06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30 月曜定休(月祝日は翌日代休)他

ご予約の際は、「青山リナのカウンセリング希望」とオペレーターにお伝えくださいね。

青山リナのカウンセリングを初めてご利用いただく場合は、初回45分無料の電話カウンセリングでお試しいただけます。

予約センターのお休みは>>>こちら<<<でご確認頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次